マンション売れない リフォームの必要性は?

MENU

マンション売却でリフォームは必要か?

 

リフォームは必要か?

住み慣れた愛着のあるマンションを売り出す際にはできるだけ高値で売却したいと考えるものです。

 

売りたい物件はできるだけ清掃をして、室内空間をきれいに演出することが大切です。

 

しかも売主が入居している状態で、内覧をすると買主は入居後の生活がイメージしやすくなるので、買い手がつきやすいという説もありますが、その条件としてあまり生活感を出しすぎずに、スッキリと快適でスタイリッシュな室内空間を演出することが大切です。

 

清掃や不用品の処理をして室内空間をスッキリ見せるというのはマンション売却にとって必須の条件ではありますが、それ以外に悩むのはリフォームをしたほうが良いのかということです。リフォームをした物件は壁紙やドア、床、たたみなどの仕様が新しくなり、見た目がきれいになるだけでなく、最新の設備などを導入すれば、入居後の生活も便利になります。

 

やはり内覧の際にリフォーム済みの物件は購入希望者の方にとって住みたい、魅力的な物件に見えるので、早く買い手が付くケースも見られます。しかも最新の設備が導入されていると、家事を負担する主婦や、共働きの御夫婦などにとっては購入意欲を掻き立てる好条件となるのです。

 

でもリフォームは費用がかかる

 

ただしこうしたリフォームにはもちろん費用の問題がつきまといます。余りにもリフォームに費用をかけすぎてしまうと、いくら早期に売却できたからといってメリットが大きいとは言えません。中にはマンションを購入後に、買主が自分の好みの空間にリフォームしたいという方もいらっしゃるので、売主による事前のリフォームが考慮されないケースもあります。

 

そのため、あらかじめ無理に売主がリフォームをする必要はなく、あくまでも清潔で魅力ある空間を演出することが出来れば、買主がつきやすくなると言えるでしょう。とはいえ、キッチンやバスルームなどの水回りなどの生活感が出やすい箇所をリフォームするだけでも買主から見た物件の印象は大幅にアップするので早期の契約成立を望めます。