MENU

マンション売却で高く売れる時期はいつ頃?売れない時期は?

 

売れる時期マンションを売却する時期としては、不動産が繁忙期となる春先の1〜3月、あるいは秋口の9〜11月とされます。

 

この時期は社会人から学生まで多くの人が単身赴任や新生活などで引っ越しをすることになるので、通常よりも多くの人が物件を探している時期となります。

 

引っ越しが増えることで需要が高まる時期でもありますが、その分だけ買い叩いて安くしようとする人も増える時期でもあるため、売れやすくなる傾向にはありますが、高値で売れる時期とは言えません。

 

マンションの立地が良く、周囲に売りに出している物件が少なければ、その地域に引っ越す予定のある人は多少高値であっても購入を決めやすくなりますが、物件の量が増える傾向にある繁忙期では競争相手が増えてしまうので実は高値で売れることはないのです。

 

早く売りたいというのであれば、

 

繁忙期に周囲と価格競争に揉まれながら値段を安くするのも良いでしょう。しかし、少しでも高額で売るためには、売られている件数が少ない閑散期に狙いを定めるのもひとつの手です。

 

例えば11〜12月頃は年越しのために引っ越しは考えていても、すぐに実行するような家庭はあまりいません。年の瀬だからこそ新居を購入して、新しい住居で新しい年を迎えたいという人も少なくないので、その時期に狙いを定めるのも良い方法です。

 

また、季節とは関係なく、景気が良い年、金利が極端に安くなったタイミングなどがあれば、この時に高額な物件を購入しようとする人も少なくないようです。基本は売りに出ている物件が少なく、買い手が多い状況ですが、このタイミングは通年では利用できない方法です。

 

経済に頼ったタイミングを見つけるのは、通常では無理なので、売りに出すマンションの立地を理解して、閑散期に強気の値段で行く以外に方法はありません。タイミングばかりを気にして売りに出すのを躊躇していると、年月が経ってしまい、マンション自体の価値が下がることもあるのであまり時間をかけすぎるのも問題と言えます。