5人家族に適した間取りと大きさ

MENU

5人家族に適した間取りと大きさ

 

5人家族に適した間取りと大きさ

住宅を購入する際に、一戸建てにするかそれともマンションにするかといった決断で悩んでいる家庭も多いのではないでしょうか。

 

例えば子供が3人いる5人の世帯で考えた場合、やはり部屋数から考えれば一戸建ての方が広く使うことができるのでオススメできますが、将来的なことを考えると不安要素もあります。

 

やはり考えなければならないのが老後の生活に関することです。子供たちはいずれ独り立ちしていきますから、老夫婦2人ではいや数が多い一戸建ては持て余してしまいますし、何より足腰が弱ることによって2階に上がることすらできなくなることも考えておかなければなりません。

 

また、一般的なサラリーマンの世帯であれば、

 

一戸建てを購入できる場所は郊外が多いと考えられますので、将来的に自動車が運転できなくなるといったことも考えておかなければなりません。そのため、最近流行りなのが子供が独立した老夫婦が一戸建てを売却し、都心部のマンションに移り住むといった例です。

 

交通網が発達している時期であれば、自動車の運転は不要となりますし、買い物等も身近なエリアで済ますことができます。そのようなことを考えれば、たとえ5人暮らしの世帯であっても初めからマンションを購入することを検討しても良いと考えられます。

 

そこで問題となるのが部屋数となります。

 

できれば子供たちそれぞれに部屋を用意してあげたいところですので、そうなると4 LDK以上の間取りが必要となるでしょう。また、3 LDKのマンションであっても、 1つの部屋を2つに分けることができる間取りになっているようなところもたくさんあります。

 

その部屋を子供部屋にあてがえば良いわけです。多少狭く感じる部分もあるかもしれませんが、将来的なことを考えれば賢い選択であると言えるでしょう。ただし、問題となってくるのが駐車場です。子供たちもいずれ自動車免許を取得して車を購入することも考えられますが、マンションの場合駐車場の数に制限がありますので、一軒家の様に融通がきかない部分も出てきます。

 

それほど先のことを心配する必要もないかもしれませんが、一戸建てとマンションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。もちろん住宅を購入する際は、多くの方が慎重に慎重重ねて判断されると思われますが、基本的のメリットとデメリットに関しては必ず把握しておくようにしなければならないでしょう。また、住宅を購入する不動産会社の選定も非常に重要です。

 

これだけ高い買い物ですので、住み始めた後に後悔しないように注意しなければなりません。幸いなことに現在ではインターネットが普及しているおかげで、様々な口コミ情報を事前に調べることができるようになりました。

 

住宅を購入することを決断したら、まずはじっくりと情報収集に努めるようにしましょう。そして、不明な点があれば必ず納得できるまで調べたり、専門機関などに確認を取るように心がけておきましょう。