マンションが売れない理由

MENU

内覧依頼や引き合いがあるのにマンションが売れない理由

 

内覧依頼や引き合いがあるのに売れない

マンションを売却していてなかなか決まらない、内覧依頼や引き合いがあるのに売れないという事はよくあります。

 

その際に考えられる原因としては、マンション自体は魅力的ではあるが、内装等が内覧したけど思っていた感じと違っているという場合。

 

内装は綺麗であることに越したことはなく、外観が綺麗なマンションを見た内覧希望者は、想像の範囲内で内装もある程度綺麗なものをイメージして訪れます。壁紙が破れていたり、キッチンなどの水回りがボロボロであったり汚かったり、カビが生えている等を見てしまうと、いくら外観が綺麗で新しいマンションだとしても、買う意思が減ってしまうのが現状です。

 

こうした事を回避するには、

 

リフォームをして売却するのが1番理想ですが、リフォームも費用がかかるのでやれる人も少ないです。であれば、自身でできる範囲の掃除は徹底的におこない、内覧希望日に合わせて整理整頓しておく事が大切です。

 

その他にも原因として考えられるのは、同じマンション内で売却物件が出ている場合。この場合ですと、両方の部屋を比較検討する事になり、少しでも安い方に買う側は傾きます。同じマンションで売却物件が出ていると競争になってしまうので、避けたいところですが、早く売りたいと思うのであれば多少の交渉は受ける事も必要です。

 

また、隣りの部屋や町内についても買う側は意外と敏感です。アプローチや廊下なども結構見ている事が多く、その時点で買う気持ちが半減してしまったという人も少なくありません。どんな人が住んでいるかなどは、玄関先や自転車置き場、バルコニーから見える範囲の状況である程度見えてくるものがあります。

 

内覧希望する前に物件閲覧した画像からだけでは知り得ない事も、現地へ実際行ってみるとわかる事がたくさんあり、この場合は売る側はどうする事もできないのが現状です。また、内覧に来た際に、基本的には不動産会社が色々説明をおこないますので、自身から物件について色々話しかけたり、事情などを話すといった行為は避けるべき事です。

 

不動産会社が質問してきた事に対しては、内覧している人の前で回答しても大丈夫ですが、自身から色々話しかけるのはイメージがよくありませんし、買う側(内覧している人)からしても、そういった事を苦手とする人もいるので注意するべき点です。

 

総合的にはやはり、

 

価格と内装などが少しズレが生じている場合に、内覧依頼や引き合いがあるのに売れないといった状況が起きやすいので、全リフォームでなくても、余裕があるのであれば一部リフォームをしてみると話もすすむ可能性が高くなります。

 

その場合にかかった費用は販売価格に多少組み込んでも、それだけ新品になっているので問題はありませんし、買う側もその部分はリフォーム費用が抑えれるので気にする事はないと思います。

 

今はセットでおこなうと比較的安めにやってくれるところもあるので、売却に手間取っているのであれば、見積もり等を取るなどしてみるのもおすすめです。