マンション上の階の騒音対策

MENU

マンション上の階の騒音対策 子供の音がうるさい時の対応方法

 

マンション上の階の騒音対策

マンションの上の階に小さな子供が住んでいると、日々の騒音に悩まされることがあります。

 

例えば、それが自分の仕事に出ている時間帯であったり、日中で周辺もにぎやかな時間である場合には気にならないケースもありますが、

 

朝早くの騒音であったり夜遅くにうるさくされるとストレスが溜まります。

 

しかし、その家族自体も子供への対処に手を焼いている可能性がありますし、色々と策を講じている最中かも知れませんので、頭ごなしに怒鳴りこみに行くようなことは避けなければなりません。あまりにも強い態度で接すると、その後の近所付き合いがギスギスとしたものになってしまいますので、できれば穏便に済ませたいところです。

 

騒音問題に直面したら、

 

まず最初にやらなければならないのがそのマンションの規定を見直すことです。大抵の規定には他の家族の迷惑にならないように気をつけるように明記されているはずですので、その部分を使って相手に静かにしてもらえるように申し入れることは可能です。

 

ただし、その場合も直接入居者が伝えるのではなく、管理会社を通す必要があります。住人同士で話し合うとこじれる可能性が高いので、間に入って冷静に対処してくれる管理会社の手を借りるのは重要なことです。

 

管理会社は中立な立場で物事を考えますので、相手に求めていることが一般的なことならそのまま解決方法を模索してもらえますし、少し求めるものが神経質過ぎるという場合には考え方を変える工夫をするように促されるかもしれません。どちらにしても、騒音に悩みを解決する手段となりますので、まずは管理会社に連絡して現状を冷静に伝えることが大切です。

 

小さい子供をお持ちのご家庭では、

 

子供の体重は軽いから音はそれほど大きくならないだろうと考えている人もいます。しかし、実際には階下に住んでみるとよく分かるのですが、小さな体からこれほど大きな音が出るのかというように驚くような騒音が発せられます。

 

特に歩き方の稚拙な幼い子供の場合、独特の騒音が出てしまいますので、その事実を知ってもらうことも重要です。日頃からよく話をするような間柄の場合には、直接話してみても良いかもしれません。ただし、お互いに良い印象を持っている場合にのみ行えることです。

 

騒音問題が出てから始めて大家さんや管理会社に連絡する場合、相手の出方も気になるところですが、その前から懇意にしておけば何かあった時に親身になってもらえます。やり取りを増やすことでお互いの印象も変わってくるはずですので、日頃から親しくしておくのも有効な手段です。

 

あまりにも大きな騒音の場合には、周囲の住人と協力して対策に取り組むという方法もあります。一人で動く場合よりも効果的なケースが多いのですが、相手を追い詰めてしまう可能性もありますので慎重に行動することが求められます。腰の重い管理会社であっても、複数の住人が動き出せば対策を立てざるを得なくなります。

 

マンションで上の階の騒音がうるさい時は管理人に相談しましょう

 

管理人に相談しましょう

マンションなど集合住宅で住んでいると必ず出てくるのが騒音問題。

 

ある程度同じくらいの年齢の子供がいて、生活サイクルが同じであればそれほど気にならないし、

 

万が一大きな音が聞こえてもお互い様だからと我慢できますが、そうでなければ気になってしまうものです。

 

ずっと暮らす場所だけに毎日騒音を聞かされていると、ノイローゼになったり殺意が芽生えたりして病気や事件に発展することも。大きなトラブルになる前に対処法を考えるようにしましょう。とはいえ、上の階の住民もある程度の生活音が出てしまうのはしょうがないですし、子供がいれば騒いだり泣き止まなかったりすることもあります。

 

もしかしたら自分たちが騒音で下の階の住民に迷惑をかけていることに気がついていない可能性もあります。そんなときに直接苦情を言いにいったらうまく話しあいがまとまらない場合も。同じマンションで住む住民同士、円満に解決させるためにも第三者に手伝ってもらうのが一番です

 

騒音が気になってしょうがないという場合は、

 

まずは大家や不動産屋や管理会社などに相談をするのです。管理人ごとにそれを受けての対処法は異なるでしょうが、全戸に騒音注意のチラシを入れたり、直接その家に注意をしに行ったり、お互いの話し合いの場を設けてくれるなどの対応をしてくれるでしょう。

 

マンションを管理する上で騒音問題というのは切っても切れないもの。いわば騒音問題のエキスパートなのでうまく対処してくれるでしょう。ただそれでも解決しないこともあります。生活音なのでこれ以上は消すことができないという場合もありますし、相手が開き直って対処してくれていないこともあります。

 

まずは眠るときは耳栓をする・音楽を流して気を紛らわせるなど自身でも騒音を消す努力をしてみましょう。また、騒音の時間帯や日時を記録しておいて具体的に管理会社への被害説明を行なったり、実際に来てもらって騒音状況を確認してもらうというものいいでしょう。もしかしたら自分が神経過敏になって気にしすぎていることもあります。

 

どうしても無理なら、

 

引っ越すという手もあるのです。上の階の住民を包丁で刺してしまったり、病気になったりといった取り返しの付かない状態になるくらいなら、原因となる場所から去るようにすればいいのです。

 

鉄筋コンクリート造の建物を選んだり、角部屋にしたり、壁や床の遮音性が高いところにしたり、騒音問題に悩まされることの少ないところを選ぶのです。騒音問題の場合、自分が被害者になることもあれば加害者になっているケースもあります。

 

相手の発する音は気になっても自身の音には無頓着だったりもします。そのマンションが気に入って、ずっと暮らして行きたいというのであれば、問題があれば管理人を通じて伝えてもらうなど対処法を注意し、自身も絨毯を引いたり人を大勢呼んで夜遅くまで騒いだりしない、など問題を起こさないように気を使うようにしましょう。

 

マンションの騒音の伝わり方

 

マンションの騒音の伝わり方

マンションの騒音トラブルでよくあるのが、上の階だけを疑って濡れ衣をかけることです。

 

確かにほとんどの建物では真上の階がもっとも疑わしく、実際に音の原因になっていることが多いようです。

 

しかし、アパートやコーポのような造りとは違って音の伝わり方がとても複雑ですので、上の階だけを疑ってはいけません。少なくとも確証が持てるまでは真上の階の住人だけをターゲットにして苦情を申し入れるようなことはせず、自分なりに調べてみることが大切です。

 

調べてみるとはいっても音が反響する造りになっている場合、あたかも真上や横から音が伝わってくるような感覚に陥ってしまいますので、正確に突き止めるのは至難の業です。多くの人に確認してもらうか、専門官に依頼して探ってもらうという方法もありますので、まだ確定する前から騒ぎ立てるようなことはしない方が無難です。

 

マンションの音の伝わり方でまず覚えておかなければならないのが、

 

その大きさです。コンクリート造の建物では、空気の15倍もの音が伝わりますので、実際よりもとても大きく感じます。一般的な音のレベルだとしても、部屋を通すと大きくなることが多々ありますので、騒音元も住人が非常識な音を立てているとも限らないのです。

 

実際に、音の原因になっている本人に確認すると問題になるような音を立てている自覚がないことがほとんどであり、同じ部屋の中で聞いている分には問題にならないようなレベルであることも多いようです。

 

真上だけが疑わしいわけではないとは言っても、真っ先に疑われるのは真上の部屋であることに間違いはありません。ただし、マンションでは真上の部屋以外ではその横でなく上の上の階の音が大きく聞こえるものであり、足音では隣の隣の音がよく聞こえます。

 

通常から考えると上下左右の部屋を疑ってしまいますが、床の下に配管などの空間があることにより太鼓を打った時のような伝わり方をするので、音の元を特定するのは困難を極めます。

 

マンションは防音性に優れていると言われますが、

 

独特の問題も存在します。生活音は聞こえにくのですが、反響するようなタイプの建物では離れた部屋からの音に悩まされることも少なくありません。騒音を我慢していると心身に影響が出てしまいますので、まずは解決を図るために管理会社や大家に相談することが大切です。

 

自分で直接動こうとすると誤った方向に進んでしまう可能性もありますが、中立的な立場の人に入ってもらうことで冷静な対処ができます。音の元が分かったとしても、故意に立てているわけではないことがほとんどですので、お互いに気持ち良く住み続けられるように話し合うことも大切です。

 

どの程度の聞こえ方なのかを本人に体験してもらうことでその後に自発的に気をつけてもらうことも可能ですし、防音マットなどの対策を講じてもらうこともできます。最近では衝撃を吸収してくれる高性能のカーペットなどがたくさん売られています。

 

マンションの騒音問題で警察は対応してくれるの?

 

マンションの騒音問題で警察は対応してくれるの?

マンションに暮らしていると、隣人の笑い声、テレビの大きな音、怒鳴り声、ペットの鳴き声、ピアノやギターの音など様々な音に苦しめられることがあります。

 

また、パーティーが行われ、夜中にもかかわらず大きな声で会話がされていると寝ることもままならず、大変迷惑です。

 

そうした場合に警察に連絡し、警察が対応してくれるかどうか、非常に気になるところです。

 

騒音のレベルは昼間と夜間では違い、昼間における騒音は、普段の人の話し声の音量と同レベル、夜間であればエアコンの風の音と同じレベルの音が騒音と認定されます。マンションで生活している場合、壁からそれらと同じ音が出る場合、かなり高い確率で大きな音が出ていることになります。

 

騒音の定義は健康上に被害が出ないレベルとされており、煩わしかったり、この騒音どうにかならないかとストレスを感じた時点で騒音という判断となります。音が気になる、それで眠れないと思った時点でアクションを起こす必要が出てきます。

 

警察はこうした騒音問題にも対応してくれますが、それはあくまで最後の手段であり、いきなり警察を呼ぶことで事態をさらに悪化することが予想されます。そのため、警察を呼ぶ前にいくつかのことをしておくことが大切です。

 

まずはマンションの管理人に相談し、それとなく注意をしてもらうということです。掲示板に張り紙を張ってもらったり、手紙を入れてもらったりし、改善されることを期待することが大切です。時折行われるのが、壁を叩く壁ドンです。そうすることでうるさいということを相手に伝えることが出来ます。

 

しかし、これをやりすぎると逆にその壁ドンが迷惑行為と判断され、泥仕合となってしまう恐れがあるので注意が必要です。こうしたことをしても改善されない場合、直接訪ねてうるさいことを伝えることも必要です。

 

ここまで来ても改善がされない場合は、

 

何かしらの感情のこじれがみられ、きっかけ次第では事件に発展する恐れもあります。これ以上は我慢できず、事件になりかねないと判断した場合に警察を呼ぶことが大切です。警察を呼ぶことで騒音がすぐに収まること、警察にマークされたくないからと相手が騒音を出さないようにすることなどのメリットがあります。

 

一方、さらに反発するケースと逆にこちら側の生活音を騒音として難癖をつけてくる可能性も出てきます。ただ、警察を呼ぶ効果は絶大で、多くのケースでは騒音が止まるだけでなく、半年してから引っ越しを行うなど出て行ってくれる場合もあります。

 

もちろん何回も呼んでしまうと相手にしてもらえない可能性が出てくるだけでなく、交番の警察官は何かしらの理由をつけて来ようとしなくなるため、110番に電話してやってきてもらうといったことが必要です。

 

騒音問題も警察は対応しますが、根本的な解決ではなく、あくまで注意、警告を与えるためにやってくるため、そのことを勘違いせず、そして闇雲に呼ばないようにすることが求められます。

 

マンションの上の階の騒音実は他の部屋の騒音の可能性もあります。

 

マンションの上の階の騒音実は他の部屋の騒音の可能性もあります。

騒音問題はアパートやコーポのように重厚な造りでない建物に多いのですが、マンションにもあり得ます。

 

アパートやコーポなら直接音のする方向に問題の部屋がありますが、マンションの場合にはそうとは限りません。

 

基本的な考え方として、集合住宅の場合には音のならない建物はありません。全く周囲の音がない環境に住みたい場合には一軒家にするしかありません。集合住宅の住む場合には多かれ少なかれ音の問題が発生するものですので、ある程度は許容範囲として気にしないようにしながら過ごすことが大切です。

 

マンションの場合でも、足音が煩いと感じる場合には真上が音の原因であることが多いようです。一番響くのは真上の部屋であり、コンクリートは空気の15倍もの音を伝えますので大きく感じてしまうようです。ですから、騒音問題に悩んだら真上の部屋がもっとも疑わしいのですが、その音の伝わりやすさの特性上、意外な部屋から出されている音の可能性もあります。

 

マンションの音の聞こえ方では、

 

真上の部屋が一番聞こえやすいということは確実です。次に聞こえやすいのは実は斜め上の部屋の音ではなく、上の上の階の音です。その次は上の上の階の横の方の部屋であり、通常とは聞こえ方が異なるようです。これを知らないと、上の階の住民ばかり疑ってしまい、本当の音の原因になっている部屋を特定することができません。

 

足音の場合には、隣の部屋よりも隣の隣の方が聞こえやすく、斜め下からも聞こえてきます。床の下には配管などがありますので、空間ができることで音が増幅されます。この現象によって、足音を気にしながら歩いていたとしても大きな音になってしまうケースもあり、音を発している本人は全く気付いていない可能性が高くなります。

 

このように、マンションの音の伝わり方は非常に複雑です。コンクリートならではの伝わり方があり、自分の住んでいる部屋とは少し離れた場所から音が発せられていることもあります。ですから、苦情を申し入れる時には直接ではなく管理会社に伝え、調査を依頼するのも一つの方法です。

 

正確にはどの部屋から出ている音か分からないという場合、

 

勝手に決め付けて苦情を入れるのはトラブルの元になりますのでやってはいけません。それよりも、今後快適に過ごすために音の原因を探り、穏やかに解決できる方法を探さなければなりません。

 

管理会社や大家に動いてもらうことによって誰から苦情が入っているのかを知られずに済みますし、多くの人に確かめてもらうことによって、より正確に音の原因を探ることができます。マンションのような特殊な音の伝わり方をする建物では、音を発している本人自体も寝耳に水であることがほとんどですので、騒音が出ていることを知らされて驚いてしまうことも多いようです。

 

自覚がない場合には冷静に伝えるだけでスムーズに解決することができますので、大きなトラブルに発展するようなことはありません。

 

マンションの騒音問題で相手に恨まれない様に静かにしてもらう様に説得する方法

 

マンションの騒音問題で相手に恨まれない様に静かにしてもらう様に説得する方法

マンションは壁が厚いので、アパートやコーポよりも音漏れが少ないと言われています。

 

ですから騒音問題の数も少ないのですが、全く無いわけではありません。

 

マンションと一口にいっても造りは様々ですし、重厚なマンションとそうでないマンションとでは音の感じ方もずい分変わってきます。

 

これはグレードによるところが大きいので、騒音の全く無い環境に身を置きたい場合にはハイグレードな物件に住む必要があります。しかし、理想はあっても費用的な問題もありますので、誰もが思い描いているような部屋に住めるわけではありません。

 

万が一騒音問題に直面したら、現在住んでいる環境の中でどのような対策をとったら一番良い結果を得ることができるのかという点を考えてみる必要があります。

 

騒音問題の場合、

 

相手に伝えることで恨まれる可能性も出てきます。自分は悪くなくても逆恨みをされて被害を被る可能性がありますし、事件にまで発展することも稀にあります。落ち度が無いのにもかかわらず攻撃されることがありますので、対処方法を考える時にはなるべく穏便に済ませる方法を考えなければなりません。

 

これは相手が多少話したことのある人物であっても同じであり、苦情を入れた途端に態度が豹変するケースもありますので気を抜けません。余程仲の良い関係でなければ直接伝えるようなことは避け、全て管理会社に任せた方が安心です。

 

中には匿名で手紙を入れる人もいますが、場合によっては相手が犯人捜しを始める可能性もありますのでお勧めできません。周囲の住民と結託していないと、誰が手紙を入れたか知られてしまった場合に集中的に攻撃されてしまいます。

 

そうなれば住み続けるのが困難になりますので、手紙での対処は止めておいた方が良いといえます。せっかくの労力をつぎこんでも、解決する確率はあまり高くありません。相手が逆恨みをしないような温厚の人の場合には有効です。

 

結局は管理会社にお願いして、騒音を出している間に伝えてもらうのが一番確実です。管理会社の手を煩わせるのに気が引ける人もいるかも知れませんが、そのような住民同士の揉め事に対処するのも管理会社の仕事に含まれています。

 

管理会社が入っていない場合には

 

大家さんに直接話し、誰から苦情が出ているのかは秘密にしてもらわなければなりません。間に誰かが入ったとしても、逆恨みをするような人物ならその後に攻撃をしてくることがありますので、誰から苦情が出ているのかを悟られないようにするのがスムーズに解決するためのコツです。

 

騒音が客観的に見ても酷いレベルの時には、相手にその騒音レベルを分からせるという方法もあります。自覚がない人にとっては自分の日々の騒音を見直す良いきっかけになるので解決しやすい方法であり、周囲の住民の協力があれば逆恨みに仕返しもあまり怖くありません。

 

騒音問題は非常にデリケートであり難しい問題です。その後も変わらず住み続けるには、穏やかな解決を目指す必要があります。