マンション売れない 売却時にかかる時間と期間

MENU

マンション売却時にかかる時間(契約から引き渡しまでの時間)

 

売却時にかかる時間

マンション売却の際には誰しもなるべく早く次の買い手が付いて欲しいと感じる物ですが、

 

実際のところマンションがどれくらいの期間で売れるのかというのは予想し難い部分が多くあります。

 

もちろん物件としての魅力が優れていればそれだけ早く買い手が付くでしょうし、逆に魅力に欠けるのであれば引き渡しまでもっと長い時間がかかることもあるでしょう。

 

ただこの魅力的、というキーワードは主観的な部分がかなり多くありますから、自分が売りに出しているマンションを魅力的と感じる人と巡り合えるかどうか運のような部分もあるわけです。しかしながら傾向としてどれくらいか、ということであれば一つの目安として「3ヶ月」という数字を出すことは可能です。

 

おおよその物件は3ヶ月ほど経過するとある程度買い手が付き、立地が良い、間取りが良い、価格が良いなどの要素があればこれくらいの期間を見込んでおけばある程度売れる可能性はあるとして考えられるのです。

 

極めて魅力的な物件であるということであれば売りに出して1ヶ月ほどで引き渡しが終わることもありますが、そうしたケースは例外であり基本は3ヶ月くらいかかるとして覚えておくとよいでしょう。

 

さて、ですがここで一つ問題になるのが

 

「3ヶ月経っても売れなかった時はどうすれば良いのか」ということです。せっかく売りに出したマンションが3ヶ月も全く売れる気配がないということになると、売り手側としてはかなり悩んでしまうことになります。

 

この場合すぐに考えられるのはマンションの値下げなのですが、もしそれまでに内覧希望者が出ていたのであれば売れるまであと一歩という段階に来ていることも考えられます。また3ヶ月というのはおおよその仲介業者が定める仲介契約が満了するタイミングでもありますから、場合によっては仲介業者を変えるのもありです。

 

そこで無理に値下げをしては手に入ったはずの利益をみすみす逃すことになりますから、仲介を依頼している不動産会社などとよく相談したうえで今後の方針を決めるようにしましょう。