中古マンション購入時の値引き交渉コツ

MENU

中古マンション購入時の値引き交渉コツ

 

中古マンション購入時の値引き交渉コツ

中古マンションの場合値下げ交渉をすれば安い価格で購入することもできます。

 

しかしこれにはコツがあるのでおさえておきましょう。
まず一番大事なのはそのマンションを買おうという意思がはっきりとしてる事です。

 

またいくらまで値下げしてほしいという額もはっきりとさせておいてください。できるだけ一円でも安くなるなら際限なく値下げ交渉をしたいものですがダラダラと交渉するのは良くありません。売主も売りたくなくなってしまいます。

 

値下げしなければ欲しいと思わない物件はそれほど自分にとって魅力的なものではありません、必ずどうなっても買おうという意思を確認しておいてください。あと交渉は売主と直接するのではなく仲介している不動産会社を仲介することになります。

 

ですので不動産会社のスタッフと信頼関係を作っておきましょう。やはりスタッフも人間ですので横柄な人よりも誠実な人のために尽くそうと思うものです。もしもいくらまで価格が下がったら絶対に買うと言えばスタッフも本気で家主と交渉してくれます。

 

買うという意思を出すと足元を見られて値下げ交渉に不利になると思う方も多いと思いますが実は逆なのです。買うかどうかわからない人のためにがんっばって交渉を使用とは思わないものです。本気で欲しいという気持ちをスタッフに伝えてください。

 

そして知ってほしいのは家主のことです。

 

家主の中には今すぐに物件を売りたいと思っている人と、希望額出売れるなら売ってもいいと言う考えの人と二種類います。後者の場合はさほど売る事に執着していませんので値下げ交渉をしてもあまり受け入れて売れないケースもあります。

 

それでもあまりにも値下げに執着していますと他のお客に満額で買われてしまう可能性があるので魅力的な物件は満額で買うことも想定するといいでしょう。住宅ローンの事前審査も受けておくといいでしょう。審査に通れば売主にとっては安心材料になりますし値下げする気も起こります。