マンション売れない 野村不動産(プラウド)のマンションの特徴

MENU

野村不動産(プラウド)のマンションの特徴

 

野村不動産(プラウド)のマンションの特徴

野村不動産が手掛けるマンションブランドがプラウドです。比較的大型の規模となるものが多く、そのために販売時には話題となりやすいのが特徴です。

 

都市部で多く建設されるので、販売数の多さにも関わらず完売率が高いことでも知られています。そしてこのプラウドシリーズで共通して見られるのが、立地の良さです。

 

駅から歩いてわずか数分以内という場所で、しかも大型マンションを建てることができる広さの土地を確保しているのは野村不動産の特徴となります。例えば大阪の谷町六丁目駅からわずか徒歩1分にタワーマンションを建てています。

 

このような利便性の高い立地を選んでいるのが共通する利点となります。さらにもうひとつ、敷地内などに商業施設も併設していることも野村不動産の特徴となります。スーパーマーケットなどを作ることによって、住人の買い物環境を確保しているわけです。

 

そしてそのデザインですが、

 

良い意味で統一性が無いのも大きな特徴です。というのも、立地周辺の環境に合わせたデザインを考えているからです。都心の駅近くの物件と、緑の多い住宅地が違い物件とでは、その外観は全く異なります。

 

それぞれに適するデザインとすることで景観にも配慮しているわけです。そして住人に対しての住みやすさはアフターサービスにも見られます。建物の資産価値を高めるための保守点検と修繕計画などが充実しているので、プラウドシリーズは大きく値下がりしないのが特徴となります。

 

このような徹底した住みやすさに対するこだわりが、プラウドシリーズの大きな特徴となります。基本性能に関してももちろん高い品質を維持しています。独自開発による建材の使用や、高い耐震性と気密性など安心して住める住環境を提供しています。

 

中古市場でも高く評価されるのは、このこだわりの建設と徹底した保守点検、そして品質を落とさない修繕計画など、ブランド力を高める工夫を厭わないのが野村不動産の特徴となります。