三井不動産ののマンションの特徴

MENU

三井不動産ののマンションの特徴

 

三井不動産ののマンションの特徴三井不動産の手掛けるパークシリーズのマンションは、顧客満足度で第1位を誇る人気となります。

 

購入者の満足度が高い理由として、その購入者の声をダイレクトに取り上げて新たな開発に活かしているからです。

 

さらにそのアフターサービスとして、24時間いつでも問い合わせに対応できるようにしています。また品質管理も独自のものを確立しているので安心感を与えています。さらにそのデザイン性の高さも評価されていて、マンションでは初めてとなるグッドデザイン賞も受賞しています。

 

また商業施設も同時に手掛けているのが特徴となり、例えば三井ショッピングパークららぽーと豊洲などが有名です。元々地価の安い地域で住環境を整える形でマンション建設を行うことにより、価格が安い割に住みやすいことで人気を集めています。

 

パークシリーズは価格帯によって5つのブランドに分かれています。まず最も手頃な一般向けのパークホームズと大型開発となるパークシティがあります。そして近年人気となっているタワーマンションとなるパークタワーがあります。

 

そして高級価格帯となるパークコートと、さらに高級なパークマンションシリーズへと続きます。最高級となるパークマンションは東京の港区や渋谷区といった一等地にのみ建設されるものとなります。

 

そして三井不動産の最も大きな強みとなるのは、

 

的確なマーケティングにより時流に乗った高品質なマンションを建設できることです。その最も有名なものが、センチュリーパークタワーです。川に隣接した元工業地帯跡に建てられたものですが、地盤のゆるさや安全面での不安を払拭させるお洒落な外観が高い人気を誇るものとなっています。

 

そして求めるクオリティを3つに絞り込んで明確にしています。内装や仕上げの素材、優れたデザインや雰囲気、そして柱の強度などの基本性能となっています。この品質への明確なこだわりが高い人気を維持する理由と考えられているわけです。