マンション売れない 東急不動産のマンションの特徴

MENU

東急不動産のマンションの特徴

 

東急不動産のマンションの特徴東急不動産は大手マンションデベロッパーの中でも最も長い歴史を持つ業者です。

 

田園都市を中心としての宅地開発と鉄道開発を進めた歴史を持っています。

 

そして東急不動産が手掛けるマンションブランドがブランズです。

 

そのコンセプトとなるのは、

 

感性に訴えるデザインと高い品質、比類なき住まいへのこだわりです。そのコンセプトのとおり、東急不動産のマンションの特徴は美しいデザインと高い品質です。立地は東京西南部の田園都市から神奈川にかけてのエリアが中心となっています。

 

そして場所は比較的閑静なところが多くなります。これは静かな暮らしを提供できるようにとの配慮からです。比較的低層となる建物が多いものですが、近年では割と高い建物も建てています。ここ数年人気のあるタワーマンションへは参入することなく、広い敷地にせいぜい10数階の建物を建てるに留めています。

 

広さもファミリータイプがメインとなり、ワンルームなどのコンパクトな間取りは少ないものです。ゆとりのある広さを提供することで、住みやすさを演出しています。設備ももちろん最新のものを備えています。

 

床暖房や浴室乾燥機などは当然標準装備となり、生活しやすいようにと工夫しています。デザインも優れたものが多いのが特徴です。とは言ってもモダンな無機質なものではなく、どこか温かみを感じるようなものとなります。

 

そこに住むことに満足感を得られるように、細かな点にまでこだわるのが東急不動産のマンションづくりです。場所も決して流行り廃りで人気が左右されるようなところではなく、資産価値の高いところを選んでいます。

 

地価は安定しているのでマンションの価値も下がりにくいのが大きな利点となります。教育環境も良く、買い物環境などにも恵まれた地域が多く見られます。また通勤の便も良いことから、多くの世帯に人気があります。中古となってもそれほど値崩れしないので、安心感を持って住むことができるものです。