中古マンションが売れない時の理由

MENU

中古マンションが売れない時の理由

 

中古マンションが売れない時の理由

中古マンションが売れない理由の一つに、管理費の高さがあります。

 

築年数が20年〜25年経過していても価格が安ければ購入したい人が現れます。

 

しかし管理費や修繕費に多くのお金がかかると予想できる物件だと、購入価格を節約できても快適に住むためにはお金がかかります。

 

築年数が古くなるほど管理にお金はかかります。築年数が古い物件にも関わらず管理費が少ない物件は何か隠している可能性もありますが、買主がそのことを知らなければ同じ築年数で管理費のかからない方を選んでしまいます。

 

また売主が物件の価値を高く評価しすぎている場合もあります。新築時に高いお金を払って購入した物件でも、中古になれば価値は大きく下がります。使い勝手が良い部屋で日当たりが抜群でも、値段を譲歩する姿勢がないと買主との契約が成立しにくいです。

 

買主はいくつかの候補を持っており、どんなに優れた点があっても中古にそぐわない価格だと購入は決めません。

 

さらに

 

不動産会社が原因で売れないことがあります。不動産会社はマンションの契約を仲介することで利益を得ているので、契約が成立するように販売活動を行っています。しかし中には悪徳不動産会社がいて物件をレインズに登録しない場合があります。

 

レインズに登録すると他の不動産会社も物件の情報を見られるため、買主が見つかる可能性が広がります。しかし他の不動産会社の仲介のもとで契約すると仲介手数料をもらえないため、あえて登録しない業者がいます。

 

また悪徳不動産会社でなくても、特定の中古マンションは売らないつもりで販売活動を行うことがあります。中古マンションとそれよりもさらに優れたマンションを一緒に紹介すれば、買主はより魅力的な方を詳しくしろうと考えます。

 

売りたい物件を効果的に宣伝するために、他の物件を利用するケースです。近所の物件にはどのようなものがあるかを担当者に尋ねると、売主が気づいたと考えてきちんと販売活動をしてくれます。