MENU

マンションの機械式駐車場のサイズがネックにサイズは?費用は?

 

マンションの機械式駐車場のサイズがネックにサイズは?費用は?

都心や駅近でマンションを購入すると駐車場の多くは機械式駐車場となるケースが増えています。

 

省スペースで多くの車を駐車することができるのが機械式駐車場のメリットで、

 

立地条件のよい駅近や都心のマンションでもカーライフを楽しむためには欠かせないものとなっています。

 

機械式駐車場にはいくつかの種類があり大きく分けると、単純上下型のピット昇降式、パズルのように組み替える横行昇降式などの2つの方式がメインとなります。マンションの敷地が狭くても一定の駐車台数を確保できるのが機械式のメリットですが、一般的な平面式駐車場と比べると以下のようなデメリットがあります。

 

機械式駐車場の場合車の出し入れの際に葉運転席から降りて作動させる必要があり、車の駐車位置にもよりますが、出し入れに時間がかかりますのであらかじめ余裕を持った準備が必要になります。出勤時など複数台の出し入れが重なるケースも考えられますので、急ぐ際には特に早めの準備をする必要があるでしょう。

 

この機械式駐車場には

 

メーカーの規定によりマンションの管理会社、管理組合がサイズ制限を設けています。高さ、横幅、重量に制限があり、これを超えると機械式駐車場に駐車することができないので、マンション購入の際には所有しているマイカーが駐車場を利用できるサイズかどうかをあらかじめ確認する必要があります。

 

日本の機械式駐車場の制限サイズで最も多いものは高さ1550mm、幅1850mmとなっていますが、入居希望のマンションの制限サイズを確認しておく必要があります。またこうした機械式駐車場の耐用年数は15年とされていますので、設備の取替の際には100万円ほどの費用がかかります。

 

そのためあらかじめ修繕積立金として、駐車場のメンテナンス費用を積み立てて行くことになるため、その分費用がかかります。このような機械式駐車場のサイズの問題、費用の問題を考え合わせてマンションを選ぶことも必要です。