中古マンション需要と売るタイミング

MENU

中古マンション需要と売るタイミング

 

中古マンション需要と売るタイミング

今注目されている物件が中古マンションです。集合住宅にはさまざまな種類がありますが、駅周辺の開発が完了してしまっている地域では、

 

駅近では新築物件がなかなかできませんが、中古物件なら駅近の立地の良い場所にも豊富に探すことができます。

 

しかも、リフォームやリノベーションの技術が発達してコストを抑えながらも思い通りの室内空間を演出することができるため、中古の集合住宅の需要が高まっているのです。愛着のあるマイホームを売却する際にはできるだけ高額にて売却したいと考えるものですが、不動産物件には売るタイミングというものがあります。

 

繁忙期には購買の需要が高まるため、必然的に売却価格も高く維持することができより高値でマイホームを売ることができるのです。中古マンションの購入希望者が増加する繁忙期は1月から3月の新年度に切り替わる時期にかけてと、9月から11月の気候の良い秋口になります。

 

特に1月から3月は子供の進学や進級、会社の異動などに合わせて住み替えを希望される方が増えるので、特にマンションの需要が高まるタイミングと言えるでしょう。こうしたタイミングに乗って、売り出しをかけることで、多くの購入希望者に検討してもらうことができ、その分買い叩かれることなく安定した値段でのマンション売却ができるようになるのです。

 

また

 

9月から11月の秋口も会社の異動が発表される時期ですし、気候も涼しくなるためマンションに対する購入意欲が高まる時期でもあります。

 

売りに出したからにはすぐに買い手が付くほうが売却計画がスムーズに進みますし、売却が長引いて買い叩かれる心配もありませんので、やはり最も需要が高まるタイミングでの売り出しが安定した売価で物件を売却するポイントとなります。

 

そのため1月から3月、9月から11月などの需要が高まるタイミングの半年前位から計画立ててマンション売却を進めていくことで良い売価での売却が可能になります。