MENU

中古マンションの個人売買の注意点

 

中古マンションの個人売買の注意点

仲介会社を解せず売主と買主が直接取引をするマンションを個人売買の場合、不動産屋に支払う仲介手数料がかから無い事や消費税がかからないのがメリットになります。

 

仲介手数料は上限が決められていますが大体4000万円の物件を売買した場合売主にも買主にも136万800円も最大でかかります。

 

不動産屋によってはもっと安く設定してくれたり買主からは手数料を取らないところもありますが結構な費用が掛かるのです。この費用を節約できるなら個人売買も魅力的です。しかし個人売買は素人同士で取引をするため場合によっては損になることもありますしトラブルも自分たちで対処をしなければいけません。

 

ですのでいくつかの注意点があります。

 

まず売値の付け方ですが一般的な相場を参考にするのがいいでしょう。不動産屋による査定サービスもありますのでこちらを参考にすることをおすすめします。極端に高い価格を付けたり逆に安い価格を付けてしまいますと贈与税の対象となる可能性もあるので、もしも親族同士でやり取りをする場合でも常識の範囲内で値段を付ける必要があります。

 

また相場を参考にすることで後でキャンセルされることを防げるのです。相場よりも高い価格だと買主が後で知ってしまうと当然色々と言ってくるでしょう。登記などの手続きは法律家に依頼することをおすすめします。これは自分でもできなくは有りませんがよほど慣れていない限りはかなり大変な作業になります。

 

マンションを売った後で住宅トラブルが出てしまうこともありますがそれを防ぐためには必ず見学をしてもらうようにしてください。隅々まで見てもらい納得してから買ったり売るようにするといいでしょう。質問出来ることなら何でも質問して下さい、これもトラブルを防ぐためのコツです。

 

住宅についてのデメリットや問題点があればそれも事前に伝えておいてください。個人売買の場合でも住宅を取得した時の税金売却時の税金がかかってきますのでこれも忘れずに支払うようにすることも大事です。