MENU

中古マンションを売却する時の値引きのタイミングは契約寸前までしないこと

 

値引きのタイミング

どんな理由で売るにしても、マンションを売却する時は、売主としては少しでも高く売りたい、と思うでしょう。

 

ところが、買主は少しでも安く買いたいと思っています。ここを上手く折り合いをつけなければ売買は成立しません。

 

折り合いをつける方法として相場というものがありますが、買主は相場より高い値段で買うことはほぼありません。よほどそのマンションに住みたい理由があって、滅多に売り物件がでないような場合は別ですが、相場より10万でも20万でも安く買いたい、というのが買主の心境です。

 

つまり、売主としては相場通りの値段で売ることを目標にするしかありません。

 

相場よりも高い値段で売り出すのは構いませんが、一切値引きはしない、というスタンスでいると、契約に至るのは難しいと言わざるを得ません。そして、一切値引きをしない、というスタンスは、それだけで不利になります。

 

今は仲介する不動産会社のほうから買主に値引き交渉をもちかけるほどですから、売り出し価格でスムーズに契約になることはほぼない、と思っておいて間違いありません。はじめから値引き交渉があることを想定して売り出し価格を決めるのが一般的です。

 

例えば、4000万円で売りたいとすると、はじめから4000万円で売り出して値引きは一切しない、というよりも、4200万円で売り出して4000万円に下げるほうが、早く売りやすい、ということは言えます。

 

買主に値引きしてもらって買わないのは申し訳ない、という心理が働くことも関係します。何より、値引きしてもらえると買主は嬉しいですから、相場通りであっても気を良くして買ってくれる可能性が高くなります。

 

但し、値引き交渉をされてすぐに応じる、というのはいけません。値引きのタイミングは重要で、早々に値引きに応じると、さらに100万円引いてほしい、などという厚かましい申し出を受けることにもなりかねません。値引きをするとしても契約寸前、値引きをしたら契約成立、というような段階になってからです。