マンション売却時の管理人への挨拶

MENU

マンション売却時の管理人への挨拶

 

マンション売却時の管理人への挨拶

マンション売却により退去する場合の手続きの一つに管理人への挨拶というより退去の手続きが必要です。

 

戸数の多いマンションの場合にはマンション管理組合理事長あて、あるいは管理を委託されている管理会社への届け出ということになります。

 

通常マンションは、共有部分の施設管理のための管理費用が徴収されています。その管理費用であるとか使用している場合は駐車場利用料等の精算が必要になります。

 

マンションを賃貸用に供していた場合で、人に貸し付けていた場合、賃貸契約の内容により管理費用は入居者が支払うことになっているのであれば、直接その必要はありません。また、場合によっては長期修繕積立金を支払っていることもあります。

 

それゆえ、売却すると、マンション名義人が変更になるわけですから、その精算も必要になります。精算のことも含めて、差し支えないのであれば後の連絡先等を伝えておくことが必要です。

 

売却後のことについては、

 

売却した本人には関係ないことといいながら、管理人側にすれば、新しい名義人に対して、新たに管理費用や長期修繕積立金の引き落としに必要な銀行口座を用意してもらう等の連絡をしなければならないわけで、売却した旨を届けるのが常識的です。

 

また、自治会の問題もあります。自治会と管理人とは直接の関係はないといえるかもしれませんが、両者は密接に関係していることが多いです。どこの部屋にどのような人が入居しているのか、マンション居住者はもとより外部の人にはわからないことですから、何事か起こった時には管理人に問い合わせるとか、協力を仰ぐ必要があります。

 

管理人を通じて自治会への届け出もお願いすることになるのでしょう。その時は自治会費の精算もあるかもしれません。マンションを売却したからと言って管理人への挨拶は必ずしも必要不可欠のことではないにしても、上にのべたような常識的な範囲での連絡は必要ですし、それをかねてこれまでの礼を述べるのが良いと思います。