マンション売れない 家電や家財どうする?

MENU

中古マンション売却時には家財や家電は廃棄した方が良いのか?

 

家財や家電は廃棄処分が良い?

中古マンションを売却する場合は、基本的に家財道具や家電は処分するのが一般的です。

 

買主はこれから住み替えるという部屋に、以前の人の持ち物が残っていると、新たに持ってきた家具の置き場に困ったり、同じ機能を持つ家電が2つ以上に増えてしまって邪魔になります。

 

賃貸なら残留物として置いておくこともできますが、マンション売却は賃貸とは異なるので普通は何もない状態が理想的なのです。しかし、買主によっては引っ越しの際に不要となった家具を処分して移ってくることもあるので、中にはインテリアのスタイルにこだわりが無ければ、残っていた方が助かるという人も少なくありません。

 

そのため、

 

内覧時に家財道具を残しておいて、必要なものがあれば残しておきますと説明し、要望のあったものだけ残しておくのも良いでしょう。その際に有償にするか無償にするかは、買主との交渉で決めることになりますが、注意しておきたい点として、引き渡しまでに故障したり壊したりしてしまう可能性もあるということです。

 

家具などは下手に触らなければ壊してしまうこともないと思いますが、家電はいつ故障するかは誰にも分かりません。このことを予め伝えておき、「予め残留物であるため、故障する可能性もある」ということを了承してもらっておくようにします。

 

家具や家電付きの物件として認識されてしまうと、引っ越し後の短い期間で故障した場合にトラブルの元になる可能性が十分にあるので、残しておく場合には細心の注意を払っておく必要があります。ちなみに、残しておくと助かると言われるのは、主にエアコン、照明器具、カーテンなどです。

 

部屋のスタイルにこだわりのある買主であれば、何も残さなくても良いと言うかもしれませんが、人によっては冷蔵庫やチェストなどもあると助かると考えていることもあるので、あえて全て残しておいて、内覧時に確認すれば処分する手間や費用をいくらかでも抑えることができます。