マンション売れない 中古マンション売却時の手続

MENU

中古マンション売却時の手続

 

中古マンション売却時の手続

マンション売却に関わる手続きは、仲介の不動産会社が適切に案内してくれますので、基本的に担当者に従っていれば心配することはありません。

 

売却価格の相場や取引実績等幅広く情報を収集し、信頼できる不動産業者かよく見極めてから媒介契約を結ぶようにしましょう。

 

売却時に住宅ローンを完済していない場合は、売却と同時にローンも完済しなくてはなりません。これは抵当権があるためで、本来完済後でなければマンション売却ができないのですが、取引をスムーズにするために売却とローン完済が同時にできるというルールになっています。

 

ローン残債より査定額が高ければ問題ありませんが、低かった場合には差額を用意する必要があります。査定額と売却に関わる費用が明らかになった時点でローンを組んでいる銀行に連絡しますが、大抵の不動産業者でこの手続きは代行してもらえるのでおまかせしましょう。

 

疑問があれば早めに銀行に相談しておくことが大切です。

 

マンションを市場に売り出し、買主と売買条件を合意できたら売買契約を結びます。ここでは売買契約書の確認等を行い署名捺印をします。契約当日より前に売買契約書をコピーで確認させてもらい、事前に疑問点を解消しておきましょう。手付金がある場合は領収書を作成し、買主に渡します。

 

本物件引渡日が決済日となりますので、ローンが残っている場合はその日まで返済が続きます。決済時は買主が住宅ローンを借りる金融機関で、銀行員、売主、買主、不動産仲介業者、司法書士が一堂に会し決済を行います。売買代金を受け取ると同時に、住宅ローンの残債を完済します。

 

司法書士が登記所で抵当権抹消登記と所有権移転手続きを代行してくれます。マンション売却代金は所得になりますので、翌年には確定申告を忘れずに行ってください。譲渡損失が出た場合還付金を受けられる制度がありますので、詳しくは税務署の相談窓口で尋ねるか、税理士に相談してみましょう。必要書類を用意するなど余裕を持って準備しておきましょう。