マンション売却時の司法書士費用料金相場は?

MENU

マンション売却時の司法書士の仕事と費用相場は?

 

司法書士の仕事と費用相場は?

急用時にまとまった金銭が必要になった際、ローンや消費者金融からお金を貸してもらう方法の他に自動車やブランド品を売却する手段が考えられます。

 

人によって自宅以外に副業や別宅のように、マンションを所有している場合があります。

 

金銭での問題以外に住居者の減少、引越しなどの関係でこの建物を売ろうと考えるかもしれません。高額にマンションを買い取ってもらうためには査定や売却時期を意識すると中古でも、予想以上の価格が付きます。

 

しかし

 

価値やお金ばかり気を取られてはいけなく、売却する土地の状態や引越しの準備も大切です。そして売り払う建物を不動産などの業者に引き渡すときには、書類の存在が欠かせないものです。

 

不動産登記もその中の一つであり、相続や購入するといった土地や建物の物理的な状況・権利関係に変化が生じたときに必要になります。こうした変化を登記簿に記載して社会に公示することで取引の安全を守る役割を担っており、一般に登記に関わる書類の作成や申請代理業務は司法書士という職業が行います。

 

その為登記申請は自分で行うことがないので、必要書類に漏れがないように確認して不動産会社や司法書士に提出する必要があります。書類には住民票や委任状、資格証明書などが用意に必要であり入手の際時間がかかる恐れもあるので早めに準備しましょう。

 

登記を行う上での司法書士にかかる費用はおおよそ10万から15万円だと言われますが、これはあくまで報酬なので実際はもっと金銭が必要になります。登記簿謄本を取得するための印紙代や不動産登記の申請に必要になる税金を含んだ実費が報酬と分けて必要になるので、合計で20万円を越すこともあります。

 

しかし実費の大半は登録免許税という税金が占めているので、この点のみならどの司法書士でも費用の差は少ないです。登記費用で差が出るのは報酬であり、法律では司法書士の報酬は個人で自由に定めることが出来るのでそれぞれ必要なお金は違うので注意しましょう。

 

おすすめ司法書士の見つけ方

 

おすすめ司法書士の見つけ方

マンションなどのマイホーム売却には実にさまざまな手続きがつきまといますのであらかじめどのような手順が必要か整理しておくことが大切です。

 

不明な点があれば引渡しの準備の際に専門の知識や実績がある不動産業者に相談して解消しておくことが大切です。

 

登記申請などの複雑な手続きは売主が行うこともできますが、一般的には司法書士に委託するケースが多くあります。専門知識を持つ確かな手続きができる司法書士なら安心して登記などを任せることができます。

 

売主はマンション売却時には、

 

住み替えや引越しなどの準備もあり大変多忙なケースがありますので、司法書士に依頼したほうが間違いなく手続きができます。どのような司法書士に依頼したらいいのかわからないという方は、多くの場合不動産業者に出入りの司法書士がありますので、複数紹介してもらいその中から手数料、依頼料が安い司法書士を選ぶのがよい方法です。

 

所有権移転登記の準備としては司法書士や不動産業者にどのような書類が必要か確認して漏れのないように準備をしましょう。約束の期日までに所有権移転登記をすることが大事ですが、登記簿に記載された内容と違った場合や権利証を紛失してしまった場合などは手続きにさらに時間がかかる可能性もありますので早めに依頼して準備しておきましょう。

 

所有権移転の際に必要なものとしては、所有権移転登記の関係書類、権利証、印鑑証明書、住民票、固定資産評価額証明書、司法書士への委任状、実印、登記にかかる費用、実測図など、精算金の領収証、仲介手数料などです。現在はオンラインで申請することができるのでそうした場合には必要なものも変わってきます。

 

また売却物件に抵当権が設定されている場合には金融機関にローンの残高を確認して全額返済と抵当権抹消のための準備を同時に進める必要があります。金融機関とスケジュールの調整をして、引渡し期日までにしっかりと手続きできるようにしましょう。