マンション売却時に必要な書類

MENU

マンション売却時に必要な書類

 

マンション売却時に必要な書類

所有しているマンションを売却することを希望される方もいます。

 

一般的には住み替えによって引っ越しを行う方や、相続などによって譲り受けた物件を手放すことを考える方も多く、

 

マンションの場合ではエリアや物件の状態によりますが、中古物件であっても一定の人気を保っているので、比較的スムーズに売却を行うこともできます。

 

その際には必要とされている書類があり、

 

まずは、登記済権利書というもので、別名では登記識別情報と呼ばれているものを取り寄せることが必要です。法務局が管轄になり書類の意味に関しては、所有者を明白にすることを目的にしていて、他人のものを売ってしまうことが無いように配慮している書類になります。

 

次に固定資産税の納税証明書固定資産税評価証明書も用意することが必要です。基本的には固定資産税の支払いを滞納していないかどうか、査定の基準になることも多いので、必ず必要とされる書類に分類できます。

 

他にも身分証明書に該当しているものや、印鑑証明と実印住民票なども取り寄せることが必要です。個人を把握するための書類になりますが、マンションを売却する際には必ず必要とされており、全ての書類においては最新のものを用意することが良い方法です。

 

マンションの場合では、

 

他にも管理規約や、管理組合で取り決められている証明書、修繕を行うために支払ってきた明細表などが必要になるケースがあります。利用するにあたってのルールやお金の流れを事前に把握することはマンションでは非常に大切になるので、用意することが前提の書類になります。

 

また、マンションを購入した際に受け取っているパンフレットなどがあれば、同時に用意しておくこともポイントです。パンフレットには物件の詳細事項や、アピールポイントなどが掲載されていることが多いので、準備できる方のケースでは、前もって用意することが最善策です。

 

各種書類を用意することができた場合では、担当する不動産会社と契約を結んで売却を進めることができます。