MENU

一軒屋の良さが住んでみてわかった。

 

一軒屋の良さが住んでみてわかった。

私は子供が産まれるのを機に、一軒家に住むことになりました。

 

これまでマンション暮らしが長かったので、実家以外の初めての家暮らし。

 

住むまでは眺めが悪いとか、庭があると管理が面倒とかのイメージが先行していました。

 

ところが住んでみてわかったのですが、とっても快適だったのです。開放感が半端なく実感でき、リラックスの度合いがまるで違うと思いました。

 

2階があるということ、隣人が離れているということはこんなにも全く気にしなくても良いものかと思いました。うちは、段になっていて、かつ窓がお互いに見えないようにどちらか一方の方を曇りガラスにしてあります。

 

ですから、

 

なお更近所の目も気にしなくて良いですし、日当たりも問題ありませんでした。一番気にしていた、お庭は逆にリビングから見えるので癒しにつながっています。むしろ、虫や鳥が鳴き、季節感を感じられますし木やお花を楽しんで植えるようになりました。

 

私の夫はこれまで植物には無関心でしたが、いまや芝生の手入れに燃えています。よくあるパターンのようですが、二人ですっかりガーデニングにはまってしまいホームセンターは良く行くお店の一つになりました。

 

家は子供が出来たら絶対におすすめします。どうしても子供は飛んだり跳ねたり叫んだりしますが、どこで何をしても全く大丈夫です。収納が多いのでおもちゃや学用品などであふれることもなく、各お部屋で整理できます。

 

広いと必要以上に買い込んで物が以前よりかなり増えてしまったことが唯一の失敗とでも言いましょうか。私は、マンションの時は、緑あふれる場所への旅行に良く行きました。森林浴がすごく良かったのですが、今は緑あふれる家に住んでいるからなのか部屋が広いからなのか、あまり自然すぎる場所への依存はなくなりました。家は楽しめます。

 

車もそばに置け、重たい荷物や沢山の物を運ぶときに本当に楽だと感じます。自分の敷地ですから、自転車に、バイク、子供の三輪車に一輪車、なんでも置けます。広々とした自由な環境は子供にとっても、とても重要だと思います。

 

私の地区では、ハロウィンの時期に子供たちが仮装して近所を周ってお菓子をもらうイベントを毎年行っています。可愛い衣装、こわい変装で歩く子供たちはとても楽しそうです。私は、マンションを購入したいと思っていたのですが、夫は一貫して家を希望していました。

 

子供が出来たら絶対に家がいいと意見を曲げませんでした。今、私はこうして家に住んで本当に良かったと思っています。

 

関連ページ

欠陥住宅であろう一戸建て住宅
欠陥住宅であろう一戸建て住宅
隣の家の駐車場
隣の家の駐車場
私の住んでいるマンションについて
私の住んでいるマンションについて
一戸建て住宅を購入して3年目
一戸建て住宅を購入して4年目
私の3LDKのお城。
私の3LDKのお城。
どの住まいにも陰と陽があります
どの住まいにも陰と陽があります
ペットと子供と快適に過ごせるマンション
ペットと子供と快適に過ごせるマンション
昭和を感じる古さだけど快適な部屋
昭和を感じる古さだけど快適な部屋
賃貸物件の管理は誰がしているのかを明確に。
賃貸物件の管理は誰がしているのかを明確に。
アパート選びはなんでもいいわけではない
アパート選びはなんでもいいわけではない
タワーマンションだからって・・・
タワーマンションだからって・・・
さすが築40年!
さすが築41年!
換気扇の音がうるさい
換気扇の音がうるさい
お財布と相談の我が家
お財布と相談の我が家